プロフィール

タマゴ

Author:タマゴ
名前:景子
誕生日:1982年1月20日
血液型:A型
出身地:大阪府大阪市
趣味:夢に向かって邁進し続けること
特技:出会ったら即お友達
好きなもの:自分

中学の時から家庭科の先生になるのがゆめだったけど、18歳の夏休み2ヶ月を、長野県野辺山の高原野菜バイトにつぎ込んでから人生180度変わりました!
和歌山県みなべ町で5年間の農的な田舎暮らしを経て、

2008年4月、大阪に戻り、次の夢に向けて専門学校に入学しました!

思ったら即実行!
夢はでっかく!!!!!
よろしくお願いします (✿ฺ´∀`✿ฺ)ノ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて感想

米市農園さんでの出来事、余韻がずっと続いている今日この頃です。

あの場で出会った皆さんのブログを探し当てては見せてもらっています。
どの方々も、自分の内面と謙虚に向き合っている~。
昔の&未来の日本を大切に、神様や目に見えない世界を大切に想う心。
そして世界にも目を向け、すべてはひとつだと悟られている。
どきどきわくわくの毎日を、それこそ「真今」を楽しみ、感謝を忘れない。
得意分野がばらばらな仲間が集まり、何でも可能なコミュニティーになっている。

なんちゅう皆さんと出会っていたんだ!!!
と、今更改めて感じています。


米市農園の洋平さんの精神で、すばらしいと感じたことのひとつを書きます・・・

種の交換会の前に、忙しい洋平さんに代わって
トゥルーグレイスさんに米市さんの田畑を案内してもらった時の話です。
カモ様
小さいですが、白い子たちはカモちゃんです!
洋平さんは、基本的にお肉を買って食べたりしないそうです。
この子達をさばいて、頂くそうです。文字通りの「命を頂く」です。
(さっそくその後、生肉でカモちゃんを頂きました。
手を合わせて、心の底から「命をいただきます」と言う自分が居ました。)

むさぼらず、命に感謝していただくという精神に、ただただ感動したのですが。。。

このカモちゃんを見て私の疑問。
「こんな放し飼いで、よその田畑にお邪魔してクレームないのかな??」

はじめの頃は、すぐに飛んで行っちゃったり、居なくなることがあったそうです。
だけど、“カモが居心地良いと思う田畑に”という点をバロメーターにして、
最近では洋平さんの田畑から離れないそうです。
・・・すばらしいです。感服致しました。
スポンサーサイト

広がるご縁の輪

1/28

ずっと楽しみにしていた日!
トゥルーグレイスさんという熊取町の八百屋さんへ!
トゥルーグレイス
※この日のトゥルーグレイスさんのブログに載っちゃった!
 発酵研究家のTとは私のことよ!(味噌が好きなだけなんですよ私は。)

自然食の棚をくまなく見学!
の後は、もうひとつのお楽しみ、
和歌山県紀ノ川市《米市農園》さんへ連れて行ってもらいました!

衝撃のピザ屋さんの改装!
ピザ屋改装1
いろんな畳が!!わお!興味津々!!
ピザ屋改装2

実はこの日、私たちがお邪魔することになり、和歌山の種の交換会メンバーも集まって交流してくださる事になったんです!
感謝感激!
トゥルーグレイスさんも、米市農園さんも、人の輪・ご縁を広げる天才です、見習います!

さて、お部屋に通されて・・・続々集まる人・人・人!!!すごい個性豊か!
自己紹介もそこそこに、早速種の交換会・・・と思いきや!
まず食の時間
一人一品持ち寄り。来る人来る人テーブルに美味しい一品をおいてくださり、テンションあがる私!

自然農のにんじんスープ、豆のスープ、
しょうがのクッキー
パンは砂糖・油・イースト菌を使わずに、干し柿の甘み!!
私たちからは富田林「暮らし屋」さんの植物性100%の玄米まき寿司!
彼は自作の自然農のもち粟のクッキーを(写真手前)「素人芸です・・・」と謙虚に提出!!!

この写真の後も種類が増えまくったのですが、頂くのに必死で写真は撮ってません!

満腹
あかんあかん、お腹いっぱいで眠た~~~!!!
となったその時、何のきっかけか、誰からともなく種をテーブルに。。。

種が続々登場
めちゃもりあがる!
とにかくめちゃもりあがる!!!

熱い!
彼が持参した珍しい雑穀系に、和歌山の皆さん釘付け!!!!!
雑穀は皆さん興味ある人ばかりです!

私は種は持ってないのですが、和歌山魂に紛れ込んでる時間が幸せで、
和気藹々、即お友達、雰囲気に酔いしれておりました。

私が今回頂いた種は、
ヤーコン、自然栽培の方が上手に育てられた甘いスイカ、ピッカピカの黒大豆、
和綿、長けても美味しいオクラ、瓜類を撒く前に緑肥&下敷きに撒く麦、
ハブ茶、米市農園洋平さんの黒ナス、、、まだあったと思います。

皆さん口々に
「交換中はやたらテンションあがるんだけど、持って帰って整理したら、、、
きちんと種になるまで育てないと!てプレッシャーやねんなぁ~」
とぼやいていらっしゃいました。

洋平さん曰く
「一人でたくさんの種を毎年残すとなると、気が狂う。
これだけたくさんの人数で1種類ずつでも種を残すと、何十種類も残せる!気が楽!」

なるほど!なるほど!!!なるほど~~~~!!!

洋平さんは、若いけれど視点がするどくて達観されてます。
たくさんの個性が集まっても、バランスが調和されて皆さんがワクワク幸せ~♪でいるのは、
洋平さんワールドの織り成す技だと私は見ました。

なんといっても、いろんな地方から和歌山に移住された人々も含め、
和歌山SOULをビンビンと感じられました!嬉しかった!!
来る人を大歓迎し、去るものは気持ちよく帰ってもらう。
本当にいろんな人が来たり帰ったり、入れ替わりが激しい!
皆さんがその場その場を目いっぱい楽しみ、幸せな余韻に浸りながら帰る。

あ~~~目指すものがここにあった!と思いました。
ぜひ、また一品持ち寄りパーティーに・・・
あ、ちゃうわ。
和歌山の種の交換会に参加したいです!!!

トゥルーグレイスさん、米市農園の洋平さん、ご縁を頂いた皆さん。
本当に本当にありがとうございました!
私にとって転機でした!

料理のこころを体得したい

昨日の一本の電話が私の心を熱くした!!

私は、和歌山に居るころに習った「陰陽料理」を実は今でも実践しています。
が、にわかな部分がたくさんあって、そこは適当でした。

私の陰陽料理の先生は「旅の宿 紫音」の女将さんですが、
さらに長崎に大元の先生がいらっしゃいます。。

私もその先生が和歌山にいらっしゃった時に直接教えて頂きました。

先生の陰陽は、「自然界の法則にしたがった陰陽料理」なのです。
よく聞く、体を温めるもの・冷やすものという陰陽の分類の仕方が一般的ですが、
「自然界の法則」ではそれだけではありません。

地球の中心に向かうもの、太陽に向かうもの。
虹の色の順番。根の張り方。
それぞれの要素で陰陽の度合いを考えて、
鍋底から極陰のものから極陽の順に地層に重ね入れて火を入れます。
なにせ、原料ひとつひとつの畑での様子を知らないといけません。

この方法だと、灰汁ぬきも水に戻すこともしません。
どういうわけか、陰陽の何かしらが上手く作用して、
灰汁も出ないし、素材の味が引き出されて調和します。
灰汁が出るということは、陰陽の順序が違うそうです。
料理というか、実験みたいです!

昨日の彼からの電話で心に決めました!
1からこの方法をきちんと知りたい!

そういう想いがめぐると、
今日は『今まで曖昧にしてきた事』がむっちゃ気になります。

茶粥を炊くときの、お米とお茶の陰陽順。
味の決め手に塩こぶを混ぜたいときは?
果実の順番は?
ひとことに「大根」といっても、白い部分と葉の順番は?
お米ともち米を混ぜて炊くなら?
ぬか床に(酒粕にもいえる)キュウリを突っ込むのは、陰陽的にはどうなのか?
漬物のような、火を入れないときは?
お味噌づくりは???

めぐるめぐる私の疑問!
まだまだ出てきます。

こりゃー、長崎に電話せにゃ(*^^*)

従妹と調理実習

1/21
お誕生日のメッセージFAXのお坊ちゃまに早速会いに行きました。
朝一に従妹宅に入り込み、
坊ちゃんの布団に入って起きる瞬間を待つ!

「・・・・・・だれ?どろぼー?」
というリアクションを頂きました

従妹の炊き込みご飯が食べたくなり、一緒にお料理をしました。
従妹の炊き込みご飯・お味噌汁
私のポテトサラダ・蕪の酢漬け・卵焼き・きんぴらごぼう。
お昼パーティー
どれもこれも美味しくて、従妹は調理実習が楽しすぎると感動していました。
私もめちゃ楽しくて、伯母(従妹のまま)のお出汁テクニックを従妹から習うことができました!

坊ちゃんはポテサラをめっちゃ気に入ってくれて、
従妹のだんな様は晩御飯に蕪の漬物を大絶賛してくれたと報告がありました。


・・・こういう楽しい気取らない飾らない緊張しない調理実習をしていきたい。
私の夢のひとつです。

三十路は味噌路

1/20で大台に乗ってしまった私です。
30歳なんで、まだまだ誕生日は嬉しいものです!!

朝一番、押入れを開けるとこれ。
妹からのプレゼントがこれ。
わたし専用らしい
なんと底面も側面もこんなかんじ
側面全部!
めっちゃ朝から一人で笑っちゃった

会社にくる雑誌のクイズに応募してたのが当選してプレゼントが届いたり、
なんか朝から嬉しい出来事だらけ。ありがたや!

お昼は、給食のお弁当じゃなくて、待ってました!近所の大好きなお弁当屋さんで頼む日!
バラエティー弁当
影の薄い私の宣言とともに

そしてサプライズ!
従業員のお兄ちゃんからケーキ!
サプライズ
電気消したら宣言がより一層・・・

ラブレター
お昼休憩に6歳になったお坊ちゃまからラブレター!
めちゃ幸せ

景子ちゃんもお返事!
お返事

家に帰ってもまだ続きます。
家でも。
妹よ・・・なぜそんなに私の三十路を祝いたいの!!!
ロウソクぶすぶすに刺さって、熱でチョコレートの板が溶けてる!!

まあいいや、とってもとっても嬉しい!
ハッピーハッピーモテモテバースデーを過ごさせてもらいました!
みんなありがとうございます!

明日は

明日とうとう、み、み、みそ、味噌、みそ、みそ、みそ三十路(ToT)

今日までと、明日からと、どう違うのか。
こちらで実態をお伝えします。

そういえば、20歳になるときは、どんな感じだったんだろう。

昨日生まれたばっかりやと思ってたら、もう30年も経ってたんだね。
おかーさーん☆オーストラリアのおかーさーん☆
お母さん、ちょっと長女三十路ですよーー!

お餅つき大会 つづき

コネコネ
調理室を勝手に脱走して、現場に到着!最前列で見学!!
黒米、コネコネ中。

お運び
搗かれたお餅は桶に移され、、、
(どうしても桶がタンカに見える)

餅切り
すぐさま餅切り名人のもとへ!

まるめるー
まるめるーーー

まるめてるーー
まるめてるーーーーー

ごそごそ
ギュウギュウ詰めでごそごそ
「ちょっと!もうすぐお昼ご飯やで!」

びちゃー
子供たちもごそごそ!黒いお餅、けっこうグロテスク・・・。

すっからかん
数分ですっからかん!

お昼ご飯
70人でのお昼ご飯、少しお味噌汁が足りません!
写真は、コップに分け分けしてもらっている私のお味噌汁!
分かち合い、生かし合い!ありがたき幸せです。

順番!
「餅つきしてない人並んでや~」
とりあえず全員搗きました。
搗く人、お囃子する人、笑う人、拍手する人。めちゃにぎやか。

ぜんざい!
お昼ご飯の直後におぜんざい!!!

さっき昼食べたで皆さん!
・・・大丈夫、皆お餅5・6個いってるけど大丈夫!!
だっておいしいんだもん!

映画鑑賞
そして、全員で自然農の先生の映像を見せてもらって帰りました。

幽霊部員の私にも、共同で育てたお米をたくさん割り振って頂きました!!!
必死でかついで帰りました!

・・・帰りに、寄り道。
花さん
念願の花さんで、塩麹&麦麹などなど発酵食をゆっくり堪能できました。
慌ただしくて、うれしたのしい、今日の一日を感じながら

お餅つき大会

1/15(日)
もろぶた見ーっけ

朝から割烹着で張り切り景子 in木津
私の大好きな場所、それは調理実習室。
布団敷いて泊まりたいくらい好き。

木津自然農のグループは、細谷さん夫妻を中心に、
たくさんの仲間が集います。
この日は大人50人、子供20人の大所帯。本当の親戚みたい!

炊き出し開始!
↑この、朝の調理場スタートの雰囲気大好き大好き!

こんぶ
「よろこんぶ」初めて結んだので、記念写真!
先に結ぶんか。。。覚えとこ!

ピカピカ黒米
木津自然農では、皆共同作業でお米を作っています。
(私は本当に行ける時だけ。幽霊部員です!)
写真は黒米。
前日に漬けてもらっていたもち米たちがザルに次々あげられます。そのきれいな事!
この日は、緑米・黒米・赤米の順にお餅(すべて玄米餅)になっていきました。
3升×8回分!

おてちゅだい
この日一日、調理室のアイドルを勤め上げました「しん君」です。
大根すりすり!ならぬ、大根ふりふり!でした!!!かわゆい!

適材適所
適材が適所に居てる!安心感!超安心感!
パン屋さんがあんこ担当、フランス料理屋さんが煮物担当。
リーダーが的確な指示を出し、それぞれの事が仕上がっていく。
景子は「美味しそう!!美味しそう!!」と言って調理室を歩きまわる。

緑米
こちら緑米のお餅!めーーーっちゃ自然の味わい深い甘みが印象的!

(^○^)
しん君もあーん。

いい香り~
お昼の炊き出しも大詰め!

あんこ、ぜんざい(*^^*)
右があんこ用、左がぜんざい用!
あんこの上手な炊き方も教わりました。(一回も混ぜたらだめだそうです。)

つ・づ・く!

感じるままに。

和歌山旅行が、色んなことを感じたり考えるチャンスをくれました。
私はいったい何をしたいのかな。
一番は保存食屋さん。

共感してくださるお客さんを都会から招いたり、
地域の先輩方にも参加してもらって体験談をBGM に!
私の役割は、きっと台風の目。

楽しい風をおこして皆さんが充実の時を満喫してもらえたら嬉しい!
都会の気持ち、田舎の気持ち、中庸を生きられるバランスを保ちたい。

それから私は私らしさを発揮して、
今日出会う人出会う人と幸せと喜びを共有したい。
悲しみに耐えている人には寄り添いたい。
一緒に大笑いできるなら、のどちんこ丸見えで笑いたい(^○^)

私らしく働くことが、皆の為。
しいては自分の為

清川を知る旅 3

私には一つのビジョンが浮かんでいました。

山のなだらかな坂、少し離れて民家がチラホラ。
その向こうに連なる山々。
太陽の光がまぶしく温かくキラキラ注ぐ。

清川で、私と姉妹のように仲良くさせてもらっていたあや子ちゃんに詳しくビジョンを話すと、
「その場所あるよ!明日探検行こうっ!」
って、あらま!嬉しいお誘い

3日目の朝は探検から始まりました。

山に登っていくと、すぐに木苺ちゃんたちがたくさん!
あまずっぱ~い!美味しい山のごちそう!
木苺

途中で台風被害の爪痕。でもここに転がる大きな岩に座って休憩!
あや子ちゃん、かわいい女の子だけどたくましい!山と仲良しな感じ!
休憩

杖ついて走って登る姿(目にも留まらぬ速さ!)に、あや子ちゃんと私は大爆笑。
杖ついて走って登る!

畑から道路まで、梅を運ぶモノラックの線路沿いを歩く。
和歌山バージョンの「Stand by Me」的な雰囲気~♪
リーダーシップ

あや子ちゃんは知らない間にリーダーの素質を兼ね備えていた~。
私たちが見たいこと、したいことを上手くさせてくれて、
危険なところは先頭にたって後をいつも振り返りながら歩いてくれました。
頼もしい、心強い探検でした!!!

そして、帰りに私の思ったビジョンにめちゃめちゃ近い(同じかも?)風景に出会いました!
あや子ありがとう!!

勝股さんに借りた本を返しに行き、
横一本線のすごい手相をパシャリ
勝股さんの手

「夫婦で手つないでよ~」と私がひやかすと、
うれしはずかし!肩組んで応えてくださいました!
勝股夫妻、いつもありがとう!
ラブラブ

さて、日が暮れました。
3日目の名人は、「早田さんちのおばあちゃん」!こんにゃくプロです!
またまた恵ちゃん付き添いのもとお邪魔しました!
こんにゃくプロ
おばあちゃんは、作った後で出会ってもらえるって事でした。

とってもかわいらしいおばあちゃん、仲良い家族の輪の中でイキイキされていました!
手を握らせてもらうと、おばあちゃんが作るこんにゃくの弾力と同じ張りとツヤがありました。さすが!
水酸化カルシウムなんて一切使わず、
梅&ウバメガシ(備長炭の原木)を燃やした純粋な灰だけで灰汁を作ってそれだけでこんにゃくを固めるのです。
この技、受け継ぎたい!!!

続いて清川の実家へ。
今回の旅の報告を一通りして、
私の作った草履を「さんまの開きやな」と例えられて、
満月の明るい光に照らされて家路につきました。
満月と白髪
清川のお父さんの白髪と満月!!

二泊三日をたっぷりたっぷり堪能し、
お腹いっぱい夢いっっぱいとはまさにこの事!!!!

帰りの高速で休憩し、
恵ちゃんがお土産に持たせてくれた「アジの押し寿司」を頂きました。
恵ちゃんの特製押し寿司
まろやかな酸味!絶妙なお味!!!
清川の余韻に浸りまくり!


さ~~~~~~てと、
清川で感じたこと、これからの生活、私は何をしたいのか。。。
自分と向き合う時がついに来たよ!!!!!

後日の電話、恵ちゃんからのお言葉
「心配するな。真今を楽しんで生きていけば、毎日充実しまっくてるぞ!」
「根本を大事にしなさい。お前がゲラゲラ笑って生きて居られるのは、
お父さんが一生懸命頑張っているからだよ。お父さんを大事にするんだよ。」

まったくその通りです恵ちゃん。
恵ちゃんありがとう

清川を知る旅 2

夜更かししたのに、2日目の朝はすっきりと目覚めました。
(ていうか、朝ごはんの寸前に起こしてもらいました

なんとも幸せな紫音の朝ご飯!
これまた1時間かけてじっくり頂きます。うふふ
今日出会う名人は“平山栄市”さん。清川しめ縄名人の栄やんです!

約束の10時、栄やんのお宅に到着!
外で焚き火をして待っていてくださいました。
藁ぞうり作りを見せて欲しいとお願いしていたら、
近所の“ユキちゃん”というおばあちゃんが応援に来てくださってました。

栄やんは、私が農家ヘルパーの時に一度お世話になっていたし、
ユキちゃんは金山時味噌作りや編み物教室で一緒になった方でした!

「さぁ、さっそくやろか!」
と栄やんの作業小屋に入れていただきました。

しめ縄するために購入された機械!
これに何度も稲藁の束を通してしなやかにします。
昔は石でまんべんなく叩いたそうです。ムラができちゃうらしい。
機械でしなやかに

「おいさんは、こんなんも作るんだよ!へへへ」
栄やんうれしそうに木魚を見せてくれた!!
この栄やん、実は獅子舞のお顔を一刀彫する方なのです。
木魚

栄やんとしゃべってたら、ユキちゃんしらん間に藁ぞうりスタートしてる!!!
知らん間にスタート

いとも簡単に長い土台の紐をなう。
実に60年ぶりだそうです。体に染み付いた技!
はやー!

ユキちゃんの早業に見とれていると、
なにやら栄やんも小さい物を作りだされました。
途中に使う道具
ぞうりの途中に差し込んで、最後に抜き出す便利な道具だそうで、
ユキちゃん先生の合いの手だったんですね。

昨日に引き続き、楽しい会話の神遊び!
そのなかで相手を思う心、熟練の神業の連発。
その場に居る事を幸せに思う瞬間がたくさんありました。

「いっぺん藁なってみぃ!」と言われて
張り切ってやってみた私の作品!さっぱりな出来栄え!!
…わお!
早速ほどいてもう一度編みなおしました。

私もスタート
栄やんに途中まで土台を作ってもらって、私たちもスタート!
見よう見まねですが、必死で編みました!

そうこうしていると、ユキちゃん最終段階!
はみ出た藁をはさみでチョキチョキし出しました。(“毛ぇ切る”作業
毛ぇ切る

私も最終段階、これはややこしすぎて先生の手をお借りしました。
私のも仕上げてもらう

並べてみたら差は歴然!さすが先生は繊細で無駄がない!
私のは華奢な人用(*^^*)幅の調節は後で聞きました。
キャシャ

ユキちゃんは、私たちが片足ずつ編みかねている間に2足分をお土産に編んでいてくださいました!
栄やんはしめ縄の「七五三」というのを教えてくださいました。
写真を撮り損ねたんだけど、一本の細い縄の三ヶ所から7本・5本・3本ずつピロピロっと出すんです。
神社の大木にくくっているような感じのもの。

これの変形バージョンで、
井戸には「二五三」(濁さん)
お手洗いには「四五三」(汚さん)をくくりつけるそうです。言霊です。

昔は、学校に行くのに毎日自分の草履を編んだそうです。
「過保護な家は、親が作るの?」と質問。
そういう子も居たけれど、どこの母親も夜なべに備長炭を入れる俵を編んだり忙しかったからなぁ~。。。

「学校に行く途中に草履が壊れたらどうすんの?」
だから皆、スペアを持ってまわったんじゃ~。
持ってなかったら裸足で砂利道歩いたよ~。
毎日毎日、草履編みばっかしや!これせな出て行けないから。
宿題忘れました~っていうのも、草履作りに時間とられるもん!

「毎日草履編まなと思うほど、学校が好きやったんやね~?」
好き好かんっていうより、学校に行って座らなならんもんやと思ってた~。

最後に
「貴重な時間ありがとう!本当に楽しい時間でした!」というと、
栄やんユキちゃんどちらも
「老い先短い人生、相手に喜んでもらえたらそれだけでええんや~!」
「何回でもおいで、何回でも教えたげる!こっちにまた住んでよ~!」
とむっちゃ嬉しいお言葉を頂きました。

清川の地の利、素敵だなぁ~。
思いやり、労わり合い、とにかく楽しく過ごす。
まさに、「真今を楽しむ」という生き方まで勉強させていただきました。

お昼は恵ちゃんちで頂き、夕方まで梅干王子様とお話!
有意義な時間が流れます。

栄やんの小屋で冷えたのか、鼻かぜをひいた私は
この夜は早めに寝ました。

勝股のおじさんが11時まで
「あいつら今晩も来たらええがなぁ~」
とコタツに座って待っていてくれたっとは知らずに・・・笑
(後日談で知りました、ありがたい話です

清川を知る旅

1/7~9清川へ、相方さんと清川の心の旅を満喫しました。

事前に親友の恵ちゃんや、“清川の実家”に何度も電話で相談して、
今回の旅は『清川の名人たちに出会う』という旅にさせていただきました!!

まずは海にご挨拶。
みなべ国民宿舎の温泉はトゥルントゥルン肌になる!!大好き
みなべ湾と、鹿島さん

そして山深い清川、旅の宿・紫音に到着。
ここでのお食事は、いつも1~2時間かけてゆっくり頂きます。
心がほどけていく、溶けていく感覚だと彼は言ってくれてました。

ひと段落したところで、恵ちゃん付き添いのもと勝股文夫さん家へ!!!
勝股さんとは、、、清川で何十年も炭焼き(紀州備長炭)をされてきた名人で、
奥さん“さよ子”さんの支えに心からの感謝を忘れない、孫20人位いるおっちゃんです。
さよ子さんは私が入っていた“みなべ炭琴クラブ”のラブラブなメンバーなのです!

未だに勝股さんは私の事を“おい!寺澤の景っっ!”と覚えて呼んでくださいました。うれしい!
今回の私へのメッセージは『人生は薔薇色でなかったらあかんぞ!』でした。
景ちゃんは福顔してるから大丈夫!と、よくわからん太鼓判も押してもらいました!!

勝股家での3時間、今でも思い出し笑いしてしまう楽しい時間でした。
おじさんと恵ちゃんの掛け合いの瞬発力&おじさんとさよ子さんの夫婦漫才。
そして、時々起こる腸がちぎれるほどの大大大爆笑!!
その場に居た5人とも転んで笑っていました。

日常の出来事を、おもいっきり楽しい笑い話に出来る感性や話術(実に神遊び!)
を身に付けたいって彼の感想です。
そう言われてみれば、清川の皆さんはそれを当たり前にされています。すごい地域ね!

講演に行ったり取材をたくさん受けたおじんさんは炭焼き界で超有名人。
飾ってある賞状や本・冊子(おじさんの勲章たち!)をたくさん見せてもらいました。
本を一冊お借りして解散。

宿に戻り、夜中まで一日の出来事を話し合いました。
1泊目はここまで。

つづきは次号で・・・。

あけましておめでとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いいたします~。
ところで、今更年賀状を出してもOK?でしょうか。
毎年同じことを言っています。すみません。

新年になる2~3時間前に、関空に着陸しました。
無事生還して、ぐったりして、新年に3日間かけて大掃除して、お仕事が始まって今に至ります。

では、オーストラリアでの写真を載せながら、年末の思い出にひたります。

香港空港での、漢字表記の「メルボルン」に脳みそをひねる!
漢字のメルボルン

ホームパーティーにて、次々に出来たての料理がつまみ食いによって無くなっていく!
作った本人達が配り歩くシステム!つまみ食い王国!!私にとって天国!!
つまみ食い王国

そして、お食事の本番には、サラダとかしか残っていない!っていう。
パーティー開始

ジェイミーの姪っ子にケーキ職人!上に乗ったリボン以外食べられます。着色料ゲゲゲ!
ケーキ職人あらわる

プレゼント交換タイム!母にも私にも、いろいろ頂きました~。
プレゼント交換

と、その時ジェイミー立ちあがってが叫ぶ!「ジングルベ~~~ルッッッ!」
いたずらっ子ジェイミー

ジェイミーの愛猫さんは細い顔!日本で見たことないから少しビビる。
ファニーなフェイス

翌朝連れて行ってもらったドライブ。国に守られた植物園みたいな道路。霧が神秘的!
植物に囲まれた道路

見つけた噴水の絵に共感!
素敵な噴水

街へ繰り出す。建物を撮るふりをして、トサカの兄ちゃんを撮らせてもらう。
トサカがメイン

街中パフォーマーだらけ。デビルに頼んで2ショット写真!
デビル

夜は9時まで明るい。そこまで日にあたると、闇も少し欲しくなる感覚に。
この写真、教会内で撮らせてもらった。
半分明るくて半分暗い。私には丁度いいかも。
教会

母が好きな「なんちゃら公園(忘れた!)」の中の特に大好きな建物らしい。
サウンドオブミュージックの見過ぎやねん!!!
なんちゃら公園

母が住む家での朝食は私の案でお庭で頂きました。開放的!
お庭でモーニング

12/30の夜でも街はクリスマス!クリスマスの方がBIGイベントのよう!
正月よりクリスマスがメイン

帰りの飛行機、通路側の席が無くなったと言われ、渡されたチケットが何とビジネスクラス!
ずっとずっと「なんかの間違いちゃうか・・・」と思いながら、手厚い接待を受ける!
慣れない凄すぎるおもてなしと、ほぼフラットに倒れる座席に9時間快適!!ありがたや~!
サービスすごい1

ビジネスクラスは、チーズケーキも出るんだね。。。
フォークがおたふく風邪みたいなので、撮ってみました。
サービスすごい2

以上でーす!
キーホルダーちゃん
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。